要人警護・身辺警護サービス

トラブル等に巻き込まれている時はもちろんのこと、海外出張時,社員の解雇通告時
社員間のもめごと,トラブルが予想される取引先との会議時,貴重品や多額の
現金を持っての移動の際,家庭内トラブル,ストーカー対策など、
セキュリティのプロフェッショナルが安全を提供いたします。

CCTTから派遣される身辺警護員は、単に身体の大きな用心棒的人材ではなく
危険を未然に防ぐための知識とスキル,お客様個々のニーズやウォンツに対応できる
コンサルティングスキルを持ち合わせた、セキュリティのプロフェッショナルです。


エグゼクティブプロテクション(要人警護サービス)

社会的地位や社会的知名度の高い方のための警護サービスです。
悪意を持った相手,ライバル取引先,産業スパイ,過度なマスコミ活動,
過度なファン,盗聴器や盗撮機等による情報漏洩,スキャンダル問題など、
社会的地位や知名度の高い方々には、さまざまな問題が発生する可能性が
一般の方よりも高くなります。
CCTTのセキュリティプロフェッショナルは、これらの問題とお客様との間の
フィルターとなり、余計なトラブルを回避いたします。
また、海外から来日される要人や著名人,企業来賓などのVIPケアサービスも
併せて行っております。

パーソナルプロテクション(身辺警護サービス)

一般の個人の方や、VIPのご家族の方などのための警護サービスです。
一般的には、有名人やお金持ちだけがボディーガードを付けているような
イメージを持たれる方が多いのですが、実際には、一般の個人の方のほうが
トラブルに巻き込まれやすく、また、トラブルが起きた際の対応に困られる方が
多いです。
ボディーガード(身辺警護)は、決して有名人やお金持ちのためだけの
サービスではなく、誰でも気軽に頼める存在になるべきだと、CCTTは
考えております。

ハイリスクプロテクション(高脅威下警護サービス)

海外紛争地域・犯罪多発地区など、危険度の高い国や地域での特殊警護サービスです。
世界約100カ国にセキュリティのネットワークを持つCCTTでは、
海外の危険な国や地域に渡航される邦人の方,現地でお仕事をされる
邦人の方へのセキュリティサービスを、世界規模で展開しております。
海外のハイリスクな地域での警備には、PSDと言われる特殊な警備方法が
必要となります。
CCTTでは、海外の様々なセキュリティ企業と提携・協力し、海外での
PSD特別訓練を実施。スタッフ全員のセキュリティ技術をHRO(ハイリスク警備)に
対応できるレベルまで引き上げております。
また、欧米系の大手セキュリティ企業との協力体制や、各国現地警備会社との
提携により、世界中で日本人をサポートできる体制を整えております。


状況に合わせた警護方法


ハイプロファイル警護

ボディーガードがその存在を明らかにすることによって、
警備力を高める警護方法です。
時に、ボディーガードが目立つ存在になることで、威嚇効果を出し、
脅威を近づけさせない方法が、より安全性を高めることがあります。
主に、危険度がそれほど高くない方への警備方法です。

ロープロファイル警護

ボディーガードや警備対象の方が環境にとけ込むことによって、
警備力を高める警護方法です。
通常、民間警備では、その環境にとけ込めばとけ込むほど、その存在を消し、
狙われることが少なくなります。
多くの方は、ボディーガードというと、スーツを着て、サングラスをかけるような、
いかにも“ボディーガードらしい”警護をイメージされますが、これは
あくまでも米国のシークレットサービスや警察SPなどの公的機関で
主に実施される警護体制で、民間の警備では通用しないことが多いです。
民間警備の基本は"Blend In"。
つまり、環境や状況にとけ込むことで、お客様の安全をより高めていくのです。
お客様の危険度が高くなればなるほど、この"Blend In"警備を徹底していきます。


ご依頼から警護サービス実施まで


1.警備準備

 1 情報収集
  まずはお話しを聞かせていただき、警備対象となる方に関する詳細な情報と
  脅威に関する情報,行動スケジュールなどの情報を収集させて頂きます。
  また、お客様側からの警備に対するご要望なども、この時点で伺います。
 2 脅威評価・分析
  集めさせていただきました情報を分析し、警備対象となる方ご自身や
  その周辺,行動スケジュール内等において、起こりうる脅威(危険)を
  セキュリティのプロが洗い出します。
 3 警備計画
  脅威評価の情報を基に、現在の状況,今後の脅威に見合った警備方法を熟慮し、
  警備計画を立てさせて頂きます。
  この段階で、正式な警護体制・警護員数・使用車両の種別と数・装備等が
  決定され、最終的なお見積りが算出されます。

2.警備実施前お手続き

 1 警備請負契約書の締結
  弊社でご用意させて頂きます「警備請負契約書」の内容をご確認頂いた後、
  契約書の締結を行います。この時点で正式なご依頼となります。
 2 警護料金のお支払い
  契約書の内容に基づき、警護料金のお支払いを頂きます。
  (法人・団体様等の場合、警備終了後の請求書払いが可能です)
 3 警護員紹介、警備方法の最終ご説明

  弊社で手配致しました警護員のご紹介と警備方法について、
  最終的なご説明をさせて頂き、特に警備上必要なご協力等に関して
  ご確認頂きます。

3.警護業務の実施

  警備業務を開始致します。
  警備業務遂行中、随時警備体制を見直し、よりお客様のご要望と
  脅威状況にあった警備体制に修正を加えていきます。
  このような手順を踏むことで、お客様一人ひとりに合った
  警備サービスを実施させていただいております。


CCTT警備サービスご依頼・お問い合わせ


CCTTでは、お客様から頂いた最初の電話一本,メール一通から、
独自の厳しい情報管理体制を実施し、NDA(秘密保持契約)が
交わされる・交わされないに関わらず、お客様の情報は徹底的に
保秘させて頂きます。
また、お問い合わせの段階では、社名や個人名を名乗らない
「匿名」でのお問い合わせも受け付けております。


ご依頼・お問い合わせ

下記お問い合わせフォーム、またはお電話等でお気軽に
お問い合わせくださいませ。


【お問い合わせフォーム】

フリーダイヤル: 0800-777-CCTT(2288)

電話:042-375-5521

メール:info AT cctt.jp (ATは@マークです)



Security training

CCTT OFFICIAL BLOG

ENGLISH BROCHURE

フリーダイヤル
0800-777-CCTT(2288)